クリティカルケア領域でも注目が集まっている教育方法のひとつがシミュレーション教育です。しかしながらシミュレーション教育は、効果的・効率的と言えるのでしょうか?
先の投稿で取り上げたベナー博士の講演録の中では、「臨床の場の指導者に必要なのは,特定の状況下での実践知をコーチング」といったように”臨床””実践”といった言葉がよく出てきます。臨床には”臨床”といった最良の教材・場があります。その教材・場を活かす方が、効果的・効率的ではないでしょうか?
臨床現場におけるシミュレーション教育について、書かれた記事があります。この記事には、シミュレーション教育に対する示唆が書かれていますね。
https://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03110_02

Follow me!