【コラム18:今時の新人さんは難しい?!】

新年度になり、新入さんが中央研修を終え各部署に配属されだしている頃でしょうか?今時の新人さんたちは、昔とは何か異なり、「教育が難しい」という感覚をもっている方も多いのではないでしょうか?

今時の新人さんの特徴を調べていると下記のような記述がよく見受けられます。

  • 社会のルールや常識を知らない
  • 世代が違う人とのコミュニケーションが苦手
  • 指示されたことしかできない/マニュアル通りのことしかできない
  • 注意すると不快な反応をする
  • 自分のためにならないと思ったことはやらない
  • 他者に対する視点が欠如している/自分ごととして考えられない
  •  深く考えるのが苦手
  •  チャレンジ精神に欠ける

皆さん、「うんうん」といった感じでしょうか。こんなマイナスな特徴の記述も見られますが、一方で協調性が高い、素直で真面目、IT能力に長けている、といった特徴の記述もみられますし、実際のところ個人によるところが大きいのではないでしょうか。

「最近の若い者は……」と言う言葉を口にする人もいますが、それは残念ながら自身の対人関係能力や教育的能力の低さを自ら口にしているようなものです。とはいえ、教育が難しいとの声は多いと思います。これをすれば絶対大丈夫なんて教育方法はありませんが、あまり向かないだろう方法を2つ程度ばかりお伝えします。それは

  1. 昔ながらの師弟関係による熱血指導
  2. 自分で聞いてこい、見て学べ、自分で課題を見つけろといった放置型教育

もちろん、熱意をもった関わりは必要ですし、何から何までずっとお膳立てしていては自己教育力は育ちません。しかし、新人さんにいきなり①②のような教育・指導は受け入れらにくいと思います。

Follow me!