<文献紹介 第54弾:家族にせん妄をどのように説明すれば、家族の不安は軽減するだろうか?>

せん妄は今やICU患者の3人に2人が発症すると言われています。

家族はせん妄の患者をみて、衝撃を受けていることも少なくなく、「認知症ではないか」「元に戻るのか?」など不安に駆られていることが多い。

そこで、今回紹介するものは、海外で使用されているせん妄のパンフレットです。

http://www.icudelirium.org/docs/Confused-DeliriumFamilyBrochure.pdf

このパンフレットを見て、家族の不安を軽減させたり、せん妄への理解を深め、家族と共にせん妄への介入を提案しています。

日本では口頭で説明されることが多く、口と口での説明では十分に理解を深めることができず、不安軽減も十分に行えないケースも少なくないでしょう。

このようなパンフレットを用いた取り組みもICUでできる家族ケアの一つであり、看護の質を高める一つの手立てかもしれません。

(画像は全てリンクのURLから引用)

********************************************************

KCCCでは、LINEでも文献紹介やコラムの更新情報、セミナー開催案等を通知させてもらっております。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!

QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用ください!

Follow me!