<文献紹介 第56弾:進化したABCDEFバンドル>

「The ABCDEF Bundle: Science and Philosophy of How ICU Liberation Serves Patients and Families.」

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28098628

クリティカルケア領域ではABCDEバンドルはご存知の方が多いかもしれません。

このケアバンドルは、2010年にVasilevskisらによって提言されたものです。

A:SAT/ Awakening(覚醒トライアル)

B:SBT/Breathing(自発呼吸トライアル)

C:Coordination SAT+SBT/ Coordination(AとBの調整/鎮痛鎮静剤の選択)

D:Delirium monitoring(せん妄評価・予防・治療)

E:Exercise/ Early mobility(早期離床)

これらのケアを合わせて取り組むことで生存率が高まり、人工呼吸期間短縮、ICU滞在期間短縮に効果があるとされています。

そして、ここにF(Family care)を追加することでトータルケアを行おうという狙いでした。

ですが、近年新たにABCDEFバンドルが進化しました。

内容は、

A:Assessment, prevention, manage Pain(疼痛評価・予防・管理)

B:Both SAT & SBT(AとBの調整)

C:Choice of Analgesia and Sedation(鎮痛鎮静剤の選択)

D:Delirium assesse, prevent and manage(せん妄評価・予防・治療)

E:Exercise/ Early mobility(早期離床)

F:Family Engagement and Empowerment(家族ケア)

これらのケアを合わせて取り組むことで、短期的なアウトカムを目指すだけでなく、長期的アウトカムの改善を目指すということが強調されています。

ですが、何が変わったのかって言われると、それほど変わっていないようにも見受けてしまいます。

「痛みの評価をもっとちゃんとしましょうね、ICU退院した後は家族の協力が必要になるからICUのうちから家族へのケアも行なっていこうね」というのが、筆者の勝手なイメージです。

2月の学会では、進化したABCDEFバンドルの話もされるかと思いますので、それまでには押さえておきたいワードですね。

これをどう活用していくのか、どのような効果があるのかはまた次回、、、。

画像引用元:

画像①:http://www.iculiberation.org/SiteCollectionDocuments/Bundles-ICU-Liberation-ABCDEF.pdf

画像②③:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28098628

******************************

KCCCでは、LINEでも文献紹介やコラムの更新情報、セミナー開催案等を通知させてもらっております。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!

QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用ください!

Follow me!