<KCCC文献紹介 第88弾:エネルギー量の決め方は?>

Comparison of measured versus predicted energy requirements in critically ill cancer patients.

Pirat A, Tucker AM, Taylor KA, Jinnah R, Finch CG, Canada TD, Nates JL.

Respir Care. 2009 Apr;54(4):487-94.

PMID: 19327184

【背景】

正確な必要エネルギー量の決定は、重症患者における栄養療法での合併症を回避するために不可欠である。

【方法】

重症の癌患者において、測定され推定された安静時エネルギー消費量を比較した。 2004年3月から2005年7月の間に腫瘍集中治療室に入院したすべての患者が対象とされた。登録された患者(n = 34)について、間接熱量測定によって安静時エネルギー消費量を測定し、2つの方法で安静時エネルギー消費量を推定した。臨床的に推定安静時エネルギー消費量。そしてHarris-Benedictの式で基礎エネルギー消費方程式。

・推定式 ①軽度または中等度の病気 20-25 kcal/kg/day

     ②敗血症または大手術   25-30 kcal/kg/day

     ③理想体重の70%の体重  30-35 kcal/kg/day

     ④理想体重の125%および/またはBMI30kg/m2 20-25 kcal/kg/day

・Harris-Benedictの式 男性:66.47+(13.75×体重kg)+(5.003×身長cm)-(6.775×年齢)

            女性:655.1+(9.56×体重kg)+(1.85×身長cm)-(4.68×年齢)

【結果】

臨床的に推定された安静時エネルギー消費量は、栄養不良約15%、適切15%、過剰摂取71%と関連していた。 Harris-Benedictの基礎エネルギー消費量は、栄養不良約29%、適切41%、過剰摂取29%と関連していました。測定された平均安静時エネルギー消費量(1,623±384 kcal / day)は、ストレスまたは活動係数を追加しない場合の平均Harris-Benedict式での基礎エネルギー消費量(1,613 ±382 kcal / day、P = 0.87)と同様でした。そして、両方とも臨床的に推定された平均安静時エネルギー消費量よりも有意に低かった(両方とも1,862±330 kcal / day、P <= 0.003)。平均測定安静時エネルギー消費量と平均Harris-Benedict式での基礎エネルギー消費量の間にのみ有意な相関があった(P <0.001)が、これらの値の間の相関係数は低かった(r = 0.587)。

【考察】

重症の癌患者では、安静時のエネルギー消費量を測定するのではなく推定すると、過食および過食が一般的でした。間接熱量測定は、重症の癌患者のカロリー需要を決定するための最適な方法ですが、間接熱量測定が利用できないか実行不可能な場合は、臨床的に推定された安静時エネルギー消費量よりもストレスや活動度を加えないHarris-Benedict式の方が正確です。

【私見】

重症患者での必要エネルギー量の計算方法は様々な方法があります。そのため、どの方法で計算すればいいのか?

①間接熱量計は確実だけど、高価、院内に設置されていない、準備が大変・・・

②Harris-Benedict式は、計算が大変、そもそも日本人に作られていないから過剰になる、式で求めた量に加えてストレス係数や活動係数をかけたものが必要量になるがそれぞれの係数には根拠がない。

③推定式(簡易式)、計算は簡単だけど不正確、いつの体重で計算?

現実的には、②or③の方法が多いのではないでしょうか?

この文献では、ストレス係数と活動係数を使用しないHarris-Benedict式がより正確だったとされています。

「日本版重症患者の栄養療法ガイドライン」でも過剰投与にならないように患者の体格に合わせて計算することが必要とされています。 どの計算方法でエネルギー量を算出するのか看護師だけで考えず、医師や管理栄養士などチームで検討することが大事だと思います。

Follow me!