世間では暑い毎日が続いていますが、うーんどうだろう?大した事ないな。だって俺の方が熱いから・・・・と冷房+タンクトップ+半パンが欠かせない令和スタイルの山下清ことKCCC BIG EVENTの企画担当者の花山です。昨日に引き続きKCCC BIG EVENTの紹介・・・・と見せかけて普段感じている不満をぶち書きます()

今回のテーマの1つである不全感もそうなんですが、バシッと答えられないけど何となく意味は分かる・・・ということって看護の世界よくある事ではないでしょうか?例えば「何かあったらどうするの?」とか「責任取れるの?」とか何かあったらの何かを具体的に想像できている人がどれだけいるのか、責任って具体的にどんな責任をとったら良いかなんて考えて発信している人の方が少ないのではないでしょうか?

このように看護の世界って曖昧でふにゃふにゃなコミュニケーションの中でも成立してしまっている部分があるのも事実で、僕らも何となく先ほどの「何か」や「責任」を忖度している場面はよく目にします。ただ、経験的なものですが、忖度の中にした答えは見つからず結果としてモヤモヤが残るだけです。それらは酒や愚痴などで発散することは可能ですが、あくまで一時的なものであって避けては通ることはできません。いつか必ず向き合わなければならない場面がやって来ます。

それらを解消するためには自分自身との対話を行うことが求められますが、中々簡単にできることではありません。だって殆どの人がいつの間にか自分自身との対話を避けて通ってきたから。

人との対話は素晴らしいです。その中に答えは隠されています。いつもと違うメンバーと気ままに対話して自分自身のモヤモヤを取っ払ってみませんか?

今こそ・・・立ち上がれ!!

と書いてて若干こっ恥ずかしいですが、心の底からこう思って頑張っています。良ければセミナーに参加して様々な人と対話を行い、自分を振り返るきっかけを掴みませんか?

 

詳細はこちらをご覧ください↓↓↓↓↓↓

http://kansai-ccc.jp/seminar/kccc-forum-2019/

チケットご購入いただける方は↓↓↓↓↓↓

https://kcccbigevent2019.peatix.com/

Follow me!