【コラム95:看護師としてどう働くか!?】

つい最近、厚生労働省が全国の公立病院と赤十字や済生会などの公的病院などのうち、「再編統合の議論が必要」と位置付けた424の医療機関を実名で公表したことは皆さんもご存知だと思います。

 私が就職した頃は、「安定した職業」「病院は絶対潰れないからいいな〜」なんて言われたものですが、もうそんなことを言っていられない時代になってきましたね。今回の公表は、今後どこでどんな風に看護師として働いているのかと自分の将来に危機感を覚えました(汗)

 「まあ、病院が再編統合しても、他の病院に変わればいいか」と思いつつ、そんなことを言っていられるのも今だけかもしれません。。。

 「人生100年時代」と言われ、定年が引き上げられるのも避けられない中、私たちが安心した老後を迎えるためには、働き続けなければいけません。そしてこの先も働き続けるためには、組織に貢献出来る(組織が雇用し続けたいと思う)人材である必要があるのかもしれません。

 皆さんは組織に貢献できていますか?

 現在看護師の働き方も多様化してきており、必ずしも組織に属しているわけではないと思いますが、看護専門職として、どのように社会に貢献していくのかを真剣に考えてみることも必要なのかもしれませんね。

Follow me!