<コラム137:特定行為研修を修了した看護師に求めらていてること>【コラム137:特定行為研修を修了した看護師に求められていること】<コラム137:特定行為研修を修了した看護師に求めらていてること>

 最近流行りの特定行為研修について、みなさんはどのようなイメージをお持ちですか?特定行為とは、診療の補助であり看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる行為のことを言います。団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、今後の医療を支えるためにできた研修制度であり、厚労省は、10万人以上の特定行為研修修了看護師の養成を目指しています。

 …と言われても、私たちが日常的に実践している看護だって、高度な技術や知識を要していると思うし、なんだかよく分かりませんよね。今回は、特定行為研修を修了した者として、「特定行為とは」についてお話したいと思います。

 10万人の養成を目指すと言われてはいますが、2019年3月の時点での修了者総数は1,685名。目標からは程遠い数字です…。それだけでなく、「看護師が医療行為を行う必要性がわからない」、「医師・研修医がいるために看護師で行う必要がない」、「研修を受けたいが病院が必要としていない」、「医療行為を行わなくても、看護師がうまく医師に動いてもらえるように行動したら良いのではないか」などと、看護師からも看護師以外からも様々な意見を耳にします。

 そんな中、「看護師が特定行為を行えるメリットはなんだ?」と単純に知りたかった私は、タイミングよくチャンスをもらえたので、2017年9月から特定行為研修を受けることにしました。実は、私自身も特定行為に否定的な意見を持っていたのですが、研修を修了してから特定行為へのイメージが変わりました。

 現在、特定行為研修施設は、いろんな病院や研修センターで実施されていますが、私は自治医科大学で研修を受けました。自治医科大学を選んだ理由は、養成コースの教授(指導教員)が語った「私は、ミニドクターを育てません!」という言葉が響いたからでした。

 自治医科大学の研修では、実習が2つありました。

 1つ目の実習では、医師に帯同して患者を診察することや病棟をラウンドすることでした。もともと特定行為に否定的な意見を持っていた私は、なぜ看護師なのに医師に帯同するような実習を…?「ミニドクターに育てない」に反しているのではないか…?と思いながら、実習が始まりました。しかし、その実習を終えるころには、医師に帯同をしないと見えてこない看護の視点に気づくことができました。特に、「医師も患者の生活をみて治療の方針を考えている」「看護師と医師が患者について話し合えていない」ということを強く感じ、今までの自分のイメージが改まりました。そして、看護師も医師も患者のことを考えているのに、なぜ治療や看護が違う方向に向いていってしまうのか…と考えさせられました。

 2つ目の実習は、特定行為の実践でした。この実習で、行為を行うたびに常に考えさせられたのは、「その行為を看護師が行なう意味は何か」、「実践した後どうするのか」でした。特定行為が必要かどうかアセスメントすること、そのアセスメントを医師や他の看護師に言語化して伝えること、患者の病態や今後の生活を評価した上で患者・家族の思いを最大限に尊重するようチームで話し合うきっかけをつくること、その上で再度特定行為を行うか行わないかを検討することを繰り返しました。

 そのなかで学んだことは、特定看護師は「“特定行為”を行う存在」ではなく、「患者(家族)、医師、看護師などを“束ねるためのロープ”としての存在」であるべきだということでした。

 研修制度の名称が『特定行為研修』であるため、“いままでに出来なかった医療行為(特定行為)をする看護師”と思われがちですが、私は特定看護師のことを、“特定行為が必要な根拠を考えることができる看護師”だと考えています。そして、“チームのまとめ役”だと思っています。ここだけの話、個人的には「特定行為研修」という名称が好きではありません…笑

 

 “チームのまとめ役”は、皆さんも上手くやられているでしょう。副師長などの管理職、認定看護師や専門看護師であれば尚更かもしれません。ただ、医師の考え方に触れた者、看護師とは違う視点を知った者にしか出来ないチームのまとめ方もあると思います。患者、家族、看護師だけでなく、医師や他職種が持っている様々な知識に触れることで、チームの輪の整え方も変わります。だからこそ、特定看護師は“チームを束ねるロープ”としての存在を目指せるのではないかと思うわけです。

 

 特定行為だけできる看護師ではなく、特定行為の必要性を考えチームをまとめることができる看護師が、たくさん増えてほしいです。

 さいごに…。皆さんにとって、特定行為を看護師が実践する意味とは何だと思いますか?

****************************************
KCCCのLINEが新しくなりました。
これまで登録いただいていた方も下記のボタンからご登録をお願いいたします!
文献紹介やコラムの更新情報、セミナー開催案等を通知させてもらっております。

下記のQRコードからでも登録できます。

Follow me!