【KCCC文献紹介 第150弾:集中治療を受ける子どもの両親は何を思う?】

西名諒平ほか. 小児集中治療室入室児の両親の不安・抑うつ・PTSDの実態と経時的変化. 小児保健研究 2020 :79;2, 140-151.

【背景】
小児集中治療室(PICU)に子どもが入室した親に生じる心理的状況を明らかにするために, 不安, 抑うつ, PTSDの既存尺度を用いた質問紙調査を行った.

【方法】
調査は, 子どもが入室中と退室から3か月後の2時点で実施し, 日本国内12施設のPICUと6施設の小児が入室する成人ICUで, 1回目(入室中)の質問紙に237人, 2回目(退室後3か月)の質問紙に142人の親(父親または母親)から回答を得た.

【結果】
子どもがPICUおよび成人ICUに入室した親のうち, 入室中の時点で25.4~34.3%に, 退室後3か月の時点で11.6~20.4%に, 不安, 抑うつ, PTSDが生じており, 子どもがPICUに入室した親は, 子どもが成人ICUに入室した親よりも心理的問題が生じる度合が高かった.
また, 本邦においても, 欧米の先行研究結果と同様に, PICU入室児の親に心理的問題が生じていた.

【考察・結語】
入室中の不安, 抑うつ, PTSD得点がカットオフ値以上であった親の方が, カットオフ値未満の親よりも, 退室後3か月の同尺度得点がカットオフ値以上であるリスクが高かった.
一方, 退室後3か月に不安, 抑うつ, PTSD得点がカットオフ値以上の親には, 入室中の同尺度得点がカットオフ値未満であった親が, 不安で33.3%, 抑うつで50.0%, PTSDで17.9%含まれていたことから, 入室中に, 一見問題がなさそうに見える親であっても, 退室後に心理的問題が生じる可能性が示唆された.

【私見】
全国のPICUを中心とした、小児集中治療室入室児の両親の心理的変化に関する報告です。
こちらは、本邦の実情を報告した、貴重な研究報告です。
本研究は量的研究ですが、サブグループ解析として、同一筆者による質的アプローチを取った報告も存在しており、「Mixed method」という手法を取り入れた研究となっています。量的な側面だけでは測り得ない、質的な側面だけでは測り得ないことに答えるためには、貴重な「生の声」と「客観性」両方に向き合うことが重要だと、気づかせてくれます。


****************************************
KCCCでは、LINEでも情報配信を行っております。
ぜひ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!
拡散・シェアも大歓迎です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ja.png

下記のQRコードからでも登録できます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 583wypqe.png

Follow me!