【KCCC文献紹介 第151弾:「やりがい」を感じながら「負担」も感じる??】

下川唯,片山はるみ(2015).中堅看護師の役割に対する「やりがい感」と「負担感」の同時認知と精神的健康や仕事意欲との関連.日本看護科学学会誌vol.35,pp.247-256

【目的】

 中堅看護師における役割に対する「やりがい感」と「負担感」の同時認知というアンビバレント状況と精神的健康や仕事意欲との関連を明らかにする

【方法】

 経験年数3年目以上の役職をもたない中堅看護師325名に対して,自記式質問紙調査を行った.質問紙は「基本属性」,「役割ストレス認知測定尺度」,「看護師の仕事意欲測定尺度」,そして「Kessler Psychological Distress Scale(K6)日本語版」で構成した.分析は,x2検定,Kruscal Wallis検定,一元配置分散分析,重回帰分析を実施した.

【結果】

 アンビバレント状況にある中堅看護師のうち,73.4%はK6得点が5点以上で精神的健康が不良であり,また仕事意欲得点は「やりがい感」の低い群より高かった.さらに,それらの看護師において,K6得点は「職場の人的環境作り」と,仕事意欲得点は「自己啓発・積極的看護実践への取り組み」と関連があった.

【結論】

 アンビバレント状況にある中堅看護師は仕事意欲が高くても精神的健康が不良であり,精神的健康は「職場の人的環境作り」と,仕事意欲は「自己啓発・積極的看護実践への取り組み」と関連があることが示唆された。

【私見】

 今回の文献は,「やりがい感」を感じているスタッフは「負担感」を感じていないだろう,という私の前提が間違っていたのだと気づかせてくれる文献でしたので紹介しました(お恥ずかしい限りです).

 中堅看護師は,一通りの看護実践は自律して実践でき,上司や同僚からも病棟の中心的役割発揮を期待されることも少なくありません.管理者の方々は,役割をスタッフに公平に分配し,特定のスタッフに過度な負担がかからないように日々配慮されていると思います.しかし,一方で病棟の目標を達成するためにスピードと確実性を重視するあまり,仕事に対して意欲的な中堅看護師に,つい仕事を任せてしまうこともしばしば(いや,多いに)あると思います.それが気づかぬうちに負担感へ繋がり,精神的健康を損なうこともあることは肝に命じておかないといけないですね.

 特に仕事に対して意欲的な中堅看護師の「やりがい感」は言動から観察できルカも知れませんが,「負担感」を他者に見せないのかも知れません.そのため日頃からスタッフとコミュニケーションを図り、仕事の進捗状況を確認する際に、負担感について確認し、必要に応じて臨機応変に役割の再分配をしていくことも大切なのかも知れません。

****************************************
KCCCでは、LINEでも情報配信を行っております。
ぜひ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!
拡散・シェアも大歓迎です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ja.png

下記のQRコードからでも登録できます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 583wypqe.png

Follow me!