KCCC web site
フォーラム

呼吸

【KCCC文献紹介131弾:ネーザルハイフロー(HFNC)の快適さを考える】

 ネーザルハイフロー(以下:HFNC)は、侵襲的もしくは非侵襲的な人工呼吸管理の前段階として、呼吸不全患者に対する酸素投与方法として活用されている。しかし、患者は高流量な酸素投与により不快な感覚が惹起され、持続的に装着す …

【KCCC文献紹介 第120弾:IntelliVent®-ASVを知る!!】

【KCCC文献紹介 第120弾:IntelliVent®-ASVを知る!!】 Bialais E, Wittebole X, Vignaux L,etal:Closed-loop ventilation mode (In …

<KCCC文献紹介 第119弾:HFNC使用下で、挿管リスクを予測する>

<KCCC文献紹介 第116弾:HFNC使用下で、挿管リスクを予測する> HFNCを普段どのような病態で利用していますか?! 酸素マスクやリザーバーマスクと違って、軽〜くPEEPもかかるし、圧迫感もないから呼吸不全で入室 …

文献紹介 第105段: 吸引抜管は危険かも?

抜管する際、みなさんの施設ではどのように抜管されていますか?抜管には・ジャクソンリースなどで陽圧をかけながら抜管する方法・吸引しながら抜管する方法の2種類があると思います。先日、この抜管方法に関するランダム化比較試験の結 …

〈KCCC文献紹介 第98弾:小児ARDSにおける腹臥位療法の効果を読み解く 〉

〈KCCC文献紹介 第98弾:小児ARDSにおける腹臥位療法の効果を読み解く 〉 Casado-Flores J, et al. Pediatric ARDS: effect of supine-prone postur …

<KCCC文献紹介 第95弾> 抜管後30分は再挿管のリスクあり?

論文:12-h pretreatment with methylprednisolone versus placebo for prevention of postextubation laryngeal oedema: …

KCCC文献紹介 第89弾:痰の量や吸引回数は再挿管のリスク因子となるか?

【論文】Predictors of reintubation in critically ill patients.PMID:23882103 【目的】再挿管のリスク因子を含めた予測するモデルを検討すること。 【方法】3 …

<KCCC文献紹介 第85弾:抜管前の咳嗽力を波形で評価>

<KCCC文献紹介 第85弾:抜管前の咳嗽力を波形で評価> 抜管前に咳嗽する力を評価する方法 抜管した後に、「痰が出せない」「咳嗽が弱い」と思うことはないでしょうか?その結果、再挿管に至ることも珍しくありません。そこで今 …

先週は再挿管となるHigh Risk患者を対象に行われた研究を紹介したので、今週はLow Risk患者を対象に行った研究を紹介したいと思います。 Effect of Postextubation High-Flow Na …

KCCC文献紹介 76弾:抜管後のネーザルハイフローの効果はNPPVに劣っていないのか?

Effect of Postextubation High-Flow Nasal Cannula vs Noninvasive Ventilation on Reintubation&nbs …

フォーラム

【コラム127:組織は見えているという錯覚に陥る??敢えて??】

【コラム127:組織は見えているという錯覚に陥る??敢えて??】  2020年になったばかりと思っていたら、早いものでもう1月も後半ですね。 皆さんも、次年度に向けて色々と準備を始めておられると思います。例年のことだと思 …

〔セミナー報告&紹介〕

〔セミナー報告&紹介〕 一昨日・昨日とKCCCが協力している「ナースのための教え方スクール~実地指導コース~」が開催されました。「頭を使って疲れた」とおっしゃられながらも、生き生きとした表情で帰られる受講生の方々が印象的 …

【コラム126:ICUにおける体重測定って正確なの?】

【コラム126:ICUにおける体重測定って正確なの?】 【コラム125:体重測ってますか?】に引き続き、体重測定に関するコラムです。 ICUで体重測定を行う際、留置されたラインやチューブ(ライン類)によって測定誤差が生じ …

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Kansai Critical Care Community All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.