KCCC web site
フォーラム

呼吸

【KCCC文献紹介 第120弾:IntelliVent®-ASVを知る!!】

【KCCC文献紹介 第120弾:IntelliVent®-ASVを知る!!】 Bialais E, Wittebole X, Vignaux L,etal:Closed-loop ventilation mode (In …

<KCCC文献紹介 第119弾:HFNC使用下で、挿管リスクを予測する>

<KCCC文献紹介 第116弾:HFNC使用下で、挿管リスクを予測する> HFNCを普段どのような病態で利用していますか?! 酸素マスクやリザーバーマスクと違って、軽〜くPEEPもかかるし、圧迫感もないから呼吸不全で入室 …

文献紹介 第105段: 吸引抜管は危険かも?

抜管する際、みなさんの施設ではどのように抜管されていますか?抜管には・ジャクソンリースなどで陽圧をかけながら抜管する方法・吸引しながら抜管する方法の2種類があると思います。先日、この抜管方法に関するランダム化比較試験の結 …

〈KCCC文献紹介 第98弾:小児ARDSにおける腹臥位療法の効果を読み解く 〉

〈KCCC文献紹介 第98弾:小児ARDSにおける腹臥位療法の効果を読み解く 〉 Casado-Flores J, et al. Pediatric ARDS: effect of supine-prone postur …

<KCCC文献紹介 第95弾> 抜管後30分は再挿管のリスクあり?

論文:12-h pretreatment with methylprednisolone versus placebo for prevention of postextubation laryngeal oedema: …

KCCC文献紹介 第89弾:痰の量や吸引回数は再挿管のリスク因子となるか?

【論文】Predictors of reintubation in critically ill patients.PMID:23882103 【目的】再挿管のリスク因子を含めた予測するモデルを検討すること。 【方法】3 …

<KCCC文献紹介 第85弾:抜管前の咳嗽力を波形で評価>

<KCCC文献紹介 第85弾:抜管前の咳嗽力を波形で評価> 抜管前に咳嗽する力を評価する方法 抜管した後に、「痰が出せない」「咳嗽が弱い」と思うことはないでしょうか?その結果、再挿管に至ることも珍しくありません。そこで今 …

先週は再挿管となるHigh Risk患者を対象に行われた研究を紹介したので、今週はLow Risk患者を対象に行った研究を紹介したいと思います。 Effect of Postextubation High-Flow Na …

KCCC文献紹介 76弾:抜管後のネーザルハイフローの効果はNPPVに劣っていないのか?

Effect of Postextubation High-Flow Nasal Cannula vs Noninvasive Ventilation on Reintubation&nbs …

フォーラム

【コラム113:「学習する組織」への道のり part3】

【コラム113:「学習する組織」への道のり part3】  いよいよ寒さも厳しくなり、冬本番って感じですが皆様はいかがお過ごしでしょうか。年の瀬も近づき、大掃除でもしながら一年間をゆっくり振り返り、来年はどうし …

【コラム112:診療ガイドライン作成はYouTubeで学ぶ時代!】

※画像はhttp://applion.jp/iphone/app/1018682747/より引用 EBM普及推進事業Minds(マインズ)とは、厚生労働省の委託を受けて、公益財団法人日本医療機能評価機構が運営する事業です …

【KCCC文献紹介125弾:抑制を減らすために何をするか!?】

【KCCC文献紹介125弾:抑制を減らすために何をするか!?】  集中治療室における抑制は、長い間私たちの課題です。自施設のICUでも、「抑制件数」を減らすだけでなく「抑制時間」を減らす(抑制フリーの時間を作る)という命 …

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Kansai Critical Care Community All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.