KCCC web site
フォーラム

栄養

【コラム130:早期栄養介入管理加算(新)がやってくるぞー!!】

【コラム130:早期栄養介入管理加算(新)がやってくるぞー!! 】 まだ気が早いのかもしれませんが、診療報酬改定の情報が集まりつつありますね。 診療報酬改定に興味のある看護師、ない看護師と様々かと思います。また、施設とし …

コラム81:保存期慢性腎臓病のタンパク質投与量は?

【コラム81:保存期慢性腎臓病のタンパク質投与量は?】 重症患者の栄養管理において蛋白投与量は気にしていますかPart2? コラム76では重症透析患者のタンパク質投与量は、0.9~1.2g/kgでコントロールがよいのでは …

【コラム76:透析をしている重症患者のタンパク投与量って?】

【コラム76:透析をしている重症患者のタンパク投与量って?】 重症患者の栄養管理において蛋白投与量は気にしていますか? 最近では高蛋白で管理した方がいいのではという話をよく耳にします。 日本版重症患者の栄養療法ガイドライ …

【コラム72:サルコペニアの摂食嚥下障害って?】

【コラム72:サルコペニアの摂食嚥下障害って?】 重症管理がある程度落ち着いたけど嚥下機能が低下して食べられなくなった経験はありませんか? もしかするとそれがサルコペニアの摂食嚥下障害かもしれません。 サルコペニアの摂食 …

コラム60:ICUに管理栄養士の常駐は必要

【コラム60:ICUに管理栄養士の常駐は必要】 看護師の最大の武器は何でしょうか? 看護師は、患者の24時間の生活を共にしていることで些細な反応に誰よりも早く「気づく」ことができる唯一の職種ではないでしょうか? またその …

<KCCC文献紹介 第94弾:胃内残量での経腸栄養中止基準は?>

<KCCC文献紹介 第94弾:胃内残量での経腸栄養中止基準は?> Gastric residual volume during enteral nutrition in ICU patients: the REGANE …

KCCC文献紹介 第88弾:エネルギー量の決め方は?

<KCCC文献紹介 第88弾:エネルギー量の決め方は?> Comparison of measured versus predicted energy requirements in critically ill can …

<KCCC文献紹介 第79弾:サルコペニアは、死亡率、退院率、および人工呼吸器装着日数の減少を表すかもしれない。>

<KCCC文献紹介 第79弾:サルコペニアは、死亡率、退院率、および人工呼吸器装着日数の減少を表すかもしれない。> Skeletal muscle predicts ventilator-free days, ICU-f …

<KCCC文献紹介 第61弾:重症患者のサルコペニア>

<KCCC文献紹介 第61弾:重症患者のサルコペニア> Sarcopenia in critically ill patients. Kizilarslanoglu MC, et al, J Anesth. 2016. …

フォーラム

【KCCC文献紹介 第144弾:シリーズ低血糖part2-日本の重症低血糖患者の現状】

【KCCC文献紹介 第144弾:シリーズ低血糖part2-日本の重症低血糖患者の現状】  シリーズ低血糖の第2弾です。重症低血糖は、救急、クリティカル部門でも非常に関係のある病態の一つではないでしょうか。低血糖の基本的な …

【COVID-19 無料オンラインセミナー(第4回・第5回)】

【COVID-19 無料オンラインセミナー(第4回・第5回)】 【第4回オンラインセミナーのリンク】(明日!!)日 時:2020年4月9日(木) 20時から21時半テーマ:COVID-19に必要な呼吸器ケア(COVID- …

【KCCC文献紹介143段:新型コロナウイルス(COVID-19)対策 他院(中国)ではどのよな実践がなされているか?! 】

【KCCC文献紹介143段:新型コロナウイルス(COVID-19)対策 他院(中国)ではどのよな実践がなされているか?! 】 KCCCに参加されている多の方が、毎日、ICUや救急など最前線でケアをされていると思います。ち …

カレンダー

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • facebook
PAGETOP
Copyright © Kansai Critical Care Community All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.