KCCC web site

KCCC NEXT FORUM 2018

 今年もKCCC BIG EVENTを開催します!

多職種が働く医療現場では、その連携のあり方が問われ続けている。 組織によって理想の多職種協働のあり方は異なり、その実現は一筋縄にはいかない。 「職種としての役割をまっとうする」 「自職種を省みる」「他職種を理解する」 「関係性に働きかける」 以上のようなことが、多職種協働に必要とされているが、果たしてどれだけできているだろうか。 今一度、職種としての役割をまっとうするため、自職種を省みてみよう。そして、身近な他職種と対話し 「どんな価値観で、何を考え、どう行動しているか」を知り、自施設での多職種協働のあり方、 質の高い多職種連携の実践レベルへの落とし込み方を討議しよう。

参加申し込みはこちら

開催日時:

9月1日(土) 10:00~16:30 看護師向けセッション
9月2日(日) 10:00~16:30 多職種向けセッション

概要:

■看護師向けセッション 定員100名
基調講演「これから看護師に求められること」

医療技術のさらなる進歩、2025・2030年問題、働き方改革など、これから医療界・看護界の変化を見据え、「これからの看護師にもとめられること」と題した講演。

座長:政岡祐輝(国立循環器病研究センター 集中ケア認定看護師)
演者:秋山智弥(岩手医科大学 特任教授)

ワークショップ①「看護の専門性」

意図的に他者の考えを探し求めるワークを通して、「自分の考える看護の専門性」の答えを見つける。看護に求められているものは何か?昨日までの自分とは違う考え方を手に入れるセッション。

ファシリテーター:春名寛香(北播磨総合医療センター 急性・重症患者看護専門看護師)・ 瀧澤紘輝(神戸市立西神戸医療センター 救急看護認定看護師)・ 中田徹朗(宝塚市立病院 救急看護認定看護師)・ 立助恵子(神戸掖済会病院 救急看護認定看護師)・ 若林侑起 ほか

ワークショップ②「チームで働く力」

チーム医療やチームに働きかける力について各々が持つこれまでの成功例や失敗例などの実体験を振り返り、自身の実践レベルに落としこむ方法と明日からできる具体策を導き出すセッション。

ファシリテーター:清水克彦(京都医療センター 救急看護認定看護師)・ 森口真吾(滋賀県立総合病院 集中ケア認定看護師)・増田貴生(国立循環器病研究センター 教育担当副看護師長)・ 辻本雄大(奈良医科大学附属病院 急性・重症患者看護専門看護師)・ 池辺諒(大阪母子医療センター 救急看護認定看護師) ほか

インテグレーション「我々の課題と明日からすべきこと」

基調講演、ワークショップ①・②を踏まえ、看護師・自組織の課題、明日から取り組むべきことをまとめるセッション

ファシリテーター:船木淳(神戸市立看護大学 講師)・ 中西美貴(慢性呼吸器疾患看護認定看護師)・ 西野裕子(近畿大学医学部附属病院 集中ケア認定看護師)・ 平井亮(京都橘大学看護学部 助手)・ 政岡祐輝(国立循環器病研究センター 集中ケア認定看護師) ほか

■多職種向けセッション 定員:各職種15名-計120名

医師、看護師※、理学療法士、作業療法士、薬剤師、栄養士、臨床工学技士、その他の職種(放射線技師、MSW等)に参加いただき、対話や討議を行うセッションです。

※看護師は、前日(9/1)の看護師向けイベントに参加していることが条件となります。

ワークショップ「隣の他職種スタッフ、何してる?」

参加者同士の対話を通し、自職種の強みを省みながら、他職種は「どんな価値観で、何を考え、どう行動しているか」を再認識するセッションです。

多職種合同ワーク:
一つの事例を多職種で協議し、自職種の強みと多職種の理解を深めながら問題点や課題を探る。

同職種ワーク:
多職種ワークを、同職種内で振り返る。
IPEを通して言語化された自職種の強みや役割を改めて要約、内省と図る。

ファシリテーター:北別府孝輔(倉敷中央病院看護部 急性・重症患者看護専門看護師)、中本有史(鳥取大学医学部附属病院 集中ケア認定看護師)、政岡祐輝(前掲)・平井亮(前掲)・辻本雄大(前掲)・増田貴生(前掲)

シンポジウム「あるべき専門職連携実践のカタチ」

各職種の強みを踏まえ、どのようにタスクシフティング、タスクシェアリングを行い、最適な専門職種連携実践を提供していくか。シンポジスト・参加者の成功例や失敗例などの実体験をもとに、自身・自組織での専門職連携実践のあるべきカタチを導き出すセッション。

シンポジウム①:
シンポジストによるテーマ「多職種連携における自職種の役割や実践について」に関するプレゼンテーション。
シンポジストは、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、薬剤師、管理栄養士を予定。

シンポジウム②:
ワークショップとシンポジウムでの意見などを統合するセッション。
会場全体で、これからの専門職連携実践の課題や具体的な方略を討議する。

座長:北別府孝輔(前掲)・ 中本有史(前掲)
シンポジスト:

  • 瀬尾龍太郎(神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター/EICU医長)
  • 北別府孝輔(前掲)
  • 大島 洋平(京都大学医学部附属病院リハビリテーション部 理学療法士)
  • 安藝 敬生(長崎大学病院薬剤部 薬剤師)
  • 山室 伊吹(済生会熊本病院栄養部臨床栄養室 管理栄養士)
                                  ほか

 

会場:

新大阪丸ビル別館 4F

大阪市東淀川区東中島1-18-22

参加費:

5000円/日

※昼食はご自身でご準備ください。

※看護師の方の、9/2の多職種セッションへの参加は、9/1にも参加いただける方のみといたします。9/1-2と参加いただく場合は、2日間で10,000円となります。

参加申込:Peatixでチケットを購入してください。

こちらをクリック

※チケット購入は、お一人1枚となっていますので、個人でのお申し込みをお願いいたします。

※キャンセルは、30日前までとさせていただきます。30日以内でのキャンセルはチケット料金のご返金はいたしません。

ポスター

PDFデータはこちら

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

フォーラム

〔KCCC BIG EVENT:お知らせ④「医学界新聞寄稿特集」〕

〔KCCC BIG EVENT:お知らせ④「医学界新聞寄稿特集」〕 医学界新聞の最新号(3273号)がアップされました。 他者との対話は「相手へのリスペクト(敬意)と自己へのサスペクト(疑念)がなければ成り立たない」(朝 …

〔KCCC BIG EVENT:お知らせ③「内容およびファシリテーター等の公開」〕

〔KCCC BIG EVENT:お知らせ③「内容およびファシリテーター等の公開」〕 KCCCのこの学習イベントの特徴の1つは、臨床看護師での”手作りイベント”だということです。手作りですが、毎年企画者みんなでワークショッ …

〔KCCC BIG EVENT:お知らせ②「本イベントへの参加は事前申し込みが必要です」〕

〔KCCC BIG EVENT:お知らせ②「本イベントへの参加は事前申し込みが必要です」〕 GWも最終日ですね。医療職の方は、GWもあまり関係ないと思いますが、少しはゆっくりできましょたでしょうか? GW明けにまた、進捗 …

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • facebook
PAGETOP
Copyright © Kansai Critical Care Community All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.